【LINEスタンプ】坊主の少年。初めて作ってみた感想。

LINEスタンプ「坊主の少年」レビュー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

LINEスタンプ作ってみました!学生さん、坊主の人、坊主好きな人にオススメです。

LINEスタンプ / 坊主の少年

スタンプ数は24個。あいさつ系、喜び、悲しみ、怒り、焦り、困惑など基本はそろっています。

マエムキミノルLINEスタンプ

LINEスタンプ販売までの流れ

マエムキミノルLINEスタンプ
お疲れさまです。

LINEクリエイターズマーケットに登録
LINEアカウントが必要です。とっつきにくい情報入力が多いのでココが一番大変だったりします。

画像を登録
サイズが決まってます。間違うと悲惨なので公式の制作ガイドラインで確認した方がいいと思います。

審査
数日で通りました。申請したのは一度だけ。審査申請の上限回数が多いので案外落ちるのかも。

販売
宣伝はしていませんでしたが2ヵ月で数個売れました。収益は一定の金額にならないと受け取れないようです。

使った物

・iPad Pro11インチ
・Apple pencil 第二世代
・Procreate(有料アプリ)

LINEスタンプを作ってみた感想。わかったこと。

マエムキミノルLINEスタンプ
必死さが伝わります。5分くらいの遅刻ならOK!

・販売しない自分専用のスタンプは無料でダウンロードできる。

・家族や友達と作って微妙なスタンプを送り合うのも楽しい。

・公開される作者の名前は実名以外にできる。途中で変更も可。

・販売エリアが世界。(選べます)

・販売数が多すぎて検索しても出てこない。埋もれてしまう。

・収益目的でやるのはかなり厳しい。

・予想より出来上がりのサイズが大きい。

・売れるとちょっと嬉しい。

まとめ

目がイッてます。

表情がわかりやすい大きめのスタンプが使いたくて作成したものです。

まじめに絵を描いたのは小学生ぶりでした。

ふざけた顔ですが、わりと使えると思います。

LINE STOREへ移動