【EH-NE7G-T】ドライヤーを使ってみた感想。冷風ターボ搭載。

Panasonicのドライヤー【EH-NE7G】感想レビュー
この記事は約4分で読めます。

冷風ターボ機能が使えるPanasonicのヘアードライヤー イオニティ【EH-NE7G】のレビューです。

長年、買い替えていなかったのでレベルアップした性能に感動しました。しばらく買い替えていない方はおそらく違いを実感できるはず。

時短になり、毎日使うので買って良かったと思える製品です。レビューも高評価。

Panasonicのドライヤー【EH-NE7G】を使ってみた感想。

デザインは好みです。

ブラウン(EH-NE7G-T)/ピンク(EH-NE7G-PN)の2色展開。購入したのはブラウンです。

大風量。乾くのが早い。

PanasonicのEH-NE7Gは風量が20㎥/分で速乾性に優れる製品です。実際、乾くのはかなり早いと感じました。

風量の値(㎥/分)が大きい=乾くのが早いと考えていいようです。男女問わず使えます。

僕はキノコっぽい髪型で短髪ではありませんが1-2分ほどで乾いてます。

冷風ターボ機能が使える。

あえて冷風ターボの素晴らしさを語る必要はないと思いますが、冷風を「強」にできるのは便利です。

開いたキューティクルを閉じるというのが冷風を使用する本来の目的のようですが、夏場や風呂上がりに汗をかきたくないので、ターボできないのは困るんですよね。

早く乾かしたいからとついつい近づけすぎてしまい髪が茶色になってしまうのも地味にイヤなので、けっこう冷風は多用します。

温風・冷風どちらも風量は同じくらいです。

1万円以下で買える。

以前使用していたのは7〜8年前に買ったPanasonic製のドライヤーで冷風ターボ非対応のものでした。

型番を確認せずに人にあげてしまったので詳細は不明。5千円以下だったと思います。

故障せずに長年使えていたのでまた安定のPanasonic製を選択。冷風ターボ機能が付いてるものは少々お高めです。

EH-NE7Gの特徴

MADE IN タイでした。

ダブルミネラルマイナスイオン搭載

マイナスイオンの効果により静電気が抑えられ髪がサラサラになり、まとまりやすくなる。

温冷ツインフロー

交互に温風と冷風を当てることで髪にツヤ感が出る。

速乾ノズル

強風と弱風で毛束をほぐしながらスピィーディに乾燥。取り外し可。

イオンチャージパネル

ハンドルにあるイオンチャージパネルを握ると髪にマイナスイオンをより引き付けます。ボタンみたいな感じじゃないです。一般的なハンドルなので使ってて違和感はないと思います。


電源AC100V/50-60Hz
消費電力1200W
風量20㎥/分
温風温度TURBO 約80℃/DRY 約100℃
本体寸法高さ22.4×幅21.6×奥行9.0cm
電源コード長さ約1.7m
質量約580g
ミノル
ミノル

サラサラ、まとまり、ツヤ感などの効果を実感できるかは個人差があるみたいです。正直言って僕にはよくわかりませんでした。

デメリット

海外では使えません。交流100Vの国内仕様。

今まで使用していたものよりサイズが大きかったです。念のため、収納場所に収まるか確認してください。風量が大きいからサイズアップしてしまうのは仕方がないですね。

性能、値段はピンキリ。取捨選択。

大風量、冷風ターボ、Panasonic、デザイン、レビューが高評価。ほぼこれだけで決めちゃいました。

弱点は特に見つからない良い製品だと思います。

ドライヤーを購入したきっかけ

ドライヤーは故障でもしない限りなかなか買い替える機会がないものです。

きっかけは行きつけのスポーツジムにあったドライヤーが異常に早く乾き、性能が進化していると実感したからです。

ミノル
ミノル

ちなみに型番でググってみるとそんなに高級なものではありませんでした。

まとめ

パワーがありそうな背中してます。

「タオルドライは雑菌が繁殖するから良くない」みたいな話はよく目にします。

ドライヤーの必要性は感じていたものの、面倒で使わないことは多々ありました。

購入後はとにかく早く乾くので気軽に使うように。わずかでも不安要素は排除したいものです。