【第2〜3世代iPad Pro11インチ用】ESRのマグネットケースを使ってみた感想。

iPadPro用ESRのReboundマグネットケースレビュー
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

Apple純正品のケースに似ていて、価格が安い「ESRのRebound マグネットケース」を購入してみました。かなり評価が高い製品です。

こんな人におすすめ

・第2世代のApple Pencilを収納したい
・iPad Proを自立させたい
・ペンや文字入力のときに角度をつけたい
・アップル純正品と似たデザインが欲しい
・安定の人気商品、安いのが欲しい

2021年、2020年発売のiPad Pro 11インチ(第2世代/第3世代)にのみ対応。

念の為「モデルナンバー」まで確認しておいたほうが良さそうです。

設定アプリの「情報」であなたのiPad Proのインチ・世代・モデルナンバーの確認ができます。対応機種はA2228、A2068、A2230のみ。

ESR製 iPad Pro11インチ用ケースの感想。

製品の特徴と感じたメリット。

Apple公式のスマートカバーと似てるけど、ESR製は約3000円とかなり安いです。Apple製は税込9,800円。

公式との違いはApple Pencilの留め具がついている点です。

重さは240gでまぁまぁ軽い印象。サイズはiPad Proとほぼ同じ。購入したのはグレーです。

カラーはブラック、グレー、ネイビーブルー、グリーン、ローズゴールドの5色展開。

Apple Pencilの第2世代が収納できる。

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース
ケースの裏面。ペンの留め具に隙間がある。

第2世代のApple Pencilが収納できて、隙間からペンが入っていることが確認できるようになっています。

カメラ部分は穴が空いていますが、ケースの厚みがあるので接地しません。

ケースを付けたままでも充電できる。磁気吸着式で着脱はカンタン。

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース

ケースはつけたままでも本体やペンの充電ができます。

マグネット式なので勝手にフタが空いたり、本体から外れてしまうことがありません。磁力は強いです。吸い付くようにフィットしてくれます。

フタは裏側に畳むときに、留め具で挟むのでバタつきません。なのでペンを持ってない人にもメリットはあると思います。

フタの開け閉めで自動的にスリープが動作する。

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース
フタの内側に小さくESRのロゴが入っているのが確認できます。

正面のカバーは三つ折りにできます。フタを開けると、スリープ状態から自動的に起動。閉じるとスリープ状態に戻ります。

色はイメージ通りでした。「ネットで見た色と違う」なんてことはよくあるんですが、この商品は大丈夫だと思います。

サラッとした触り心地で、手から滑るような感じはありません。変なニオイはしません。

「鑑賞」「タイピング」に適した2つのモードが利用可能

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース
鑑賞モード

動画視聴、読書、ペンの使用、文字入力などをするときに便利です。

勝手に倒れたり、崩れたりしないくらいの安定感はあります。磁力で固定というよりは折り曲げた3面で荷重を受けている感じ。

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース
キーボード入力、描画モード。

三つ折りにして組み立てるのがちょっと手間です。磁力がサポートしてくれるともっと楽なんですけどね。

デメリット「衝撃耐性が心配」「ペンの保護が完全ではない」

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース

ESR製品の悪いわけではありません。スマート型ケースが抱える弱点の紹介に近いです。

衝撃に対する防御力は弱い。

側面は保護されていません。落ちる時ってだいたい側面からなんですけどね。

同じESR製のクリアケースでも併用はできませんでした。落とした時がやっぱり心配だけど、ディスプレイ側の保護はできているので一長一短です。

ペンの留め具を裏側に折り曲げる時はペンを保護できない

iPadPro用ESRのReboundマグネットケース
隙間なくピタッと折り曲げないとくっつきません。

持ち運びには適していますが、操作中にペンを本体に収納することができない構造です。

ゲームやネットをする時、留め具は邪魔になるのでiPadの裏側に折り曲げることになりますが、この間、ペンは無防備になります。

磁力でiPadにくっついてるだけなので、ペンが外れてしまうんですよね。なので画面を横向きにして使うか、どこかに閉まっておくしかありません。

ここが非常に惜しい点だと思う。

ペンの留め具の磁力はちょっと弱め。

勝手に開いたり、ペンが外れない程度には強いんですが、裏面にくっつけるときの留め具の磁力がちょっと頼りないと感じました。

防御力をつけると重くなる。磁力が強いと開けるのが難しくなる。このへんはトレードオフなので仕方ないのかも。

まとめ

セットで持ち運べるメリットは大きく、ペンを使う機会が確実に増えました。

角度がついたことで絵が描きやすく、ブレて動くこともありません。重さもそこまで気になりませんでした。

3000円台でもケースはけっこう充実してるので、自分の好みに合った製品は見つかると思います。選択肢が多いときは何を優先するか悩ましいですね。

評価が高いということもあり、機能面は安定しています。コスパが良いのでおすすめです。