dTVは見放題数が多い!初めて利用する方におすすめの動画配信サービス

動画配信サービス
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

dTVはエイベックスが運営しNTTドコモが提供する動画配信サービスです。

月額550円(税込)で12万本以上の動画が見放題なので、とにかく安くたくさん見たい方におすすめです。ドコモのケータイ回線をご利用中の方はもちろんですが、ドコモユーザーじゃなくても利用することができます。

dTVは他の動画配信サービスと比較すると以下のような特徴があります。

  • 月額料金が安い。見放題数が多い。
  • 多ジャンルの作品が楽しめる。
  • 音楽コンテンツが強い。
  • 韓流ドラマが強い。

この記事ではdTVを利用するメリットやデメリット、見れる作品の特徴、無料体験の方法について解説しています。

dTVの基本サービス

月額料金(税込み)550円
見放題作品数120,000本以上
同時視聴不可
画質SD/HD/4K
ダウンロード
オリジナル作品
登録可能なデバイス最大5台
無料期間31日間

dTVの特徴

dTVはコスパがいい。月額料金550円(税込)

月額料金(税込)見放題作品数
U-NEXT2189円20万本以上
dTV550円12万本以上
Hulu1026円7万本以上
Amazon
Prime Video
500円約2万本※
Netflix880円/1320円/1980円約7千本※
※非公開のため推計です

dTVは月額料金550円(税込)で見放題が12万以上と圧倒的なコスパの良さが強みです。

狙っている作品があれば配信されているサービスを利用するのが一番ですが、好きなジャンルが絞れない、どのサービスにしていいかわからないという方もいると思います。

その点、dTVは作品数が多く料金もお手頃なので、初めて利用するにはおすすめのサービスです。

dTVは見放題の作品数が12万本以上。

実際にdTVを利用している方の人気作品は下記です。

dTV年間総合ランキング (2020年)

1位:鬼滅の刃
2位:コンフィデンスマンJP
3位:名探偵コナン
4位:8時だョ!全員集合
5位:呪術廻戦
6位:BE LOVE(オリジナル)
7位:キングダム 第3シリーズ
8位:七つの大罪 神々の逆鱗
9位:僕のヒーローアカデミア 第4期
10位:怪盗グルーのミニオン大脱走

出典:dTV公式

2020年の総合ランキングを見てみると上位はアニメがほぼ独占状態。やはりアニメはどのサービスでも人気ジャンルです。

もちろんアニメ以外にも幅広いジャンルの作品が楽しめます。dTVで見れる作品ジャンルはこちらです。

配信ジャンル
  • dTVオリジナル
  • 音楽
  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • 国内ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 韓流・華流
  • キッズ
  • バラエティ

dTVオリジナルでは、Kis-My-Ft2や乃木坂46の出演作品、銀魂、TRFのダンササイズ、闇金ウシジマくんなどが人気。

バラエティ(お笑い)では、サンドウィッチマン、ナイツ、東京03のライブ作品が充実。ネタが面白い芸人さんなので、お笑い好きなら満足できるラインナップだと思います。

韓流ドラマが充実。

韓流・華流ドラマは見放題作品で絞ってみると400作品以上あります。

U-NEXTも強いジャンルですがコストを考えると、まずはdTVで気になる作品を視聴し、物足りなければ乗り越えを検討した方がいいでしょう。

音楽ジャンルが強い。

音楽ジャンルではエイベックス運営の強みを生かしたライブ映像、ミュージックビデオが多数配信されています。

人気のライブ映像
AAA、EXILE、SEVENTEEN

人気のミュージックビデオ
BTS、Official髭男dism、あいみょん

dTVはダウンロードができる。利用可能な機器は多い。

スマホやタブレットに動画をダウンロードすることができます。あらかじめWi-Fi環境でダウンロードしておけば、外出先で通信料を気にせずに動画を楽しめます。

dTVのサービスを利用できる機器はテレビ、スマホ、タブレット、パソコン、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Chrome cast、Apple TVなどがあります。

ゲーム機は対応していません。

dTVのデメリット

dTVにだけ存在するデメリットではありませんが、確認しておくべき点です。

同時視聴ができない

dTVは最大5つのデバイスに登録ができますが、同時に視聴することだけはできません。

家族と利用する場合は、視聴時間をずらす必要があるので少し面倒です。

同時視聴ができる動画配信サービス
Amazonプライムビデオ、Netflix、U-NEXT

HD画質の作品が多い。

dTVの最高画質は4Kですが、ほとんどの作品がHD画質(1280×720ピクセル)となっています。

地デジ(1440×1080ピクセル)よりもやや劣る画質なので、大画面で見ると気になる人はいるかもしれません。

Youtubeをはじめ、現在主流の画質がBlu-rayと同等のフルHD(1920×1080ピクセル)なので、普段レンタルでBlu-rayを選択している方は物足りない画質です。

フルHD以上に対応している動画配信サービス
Hulu、Netflix、U-NEXT

無料体験の方法と注意点

dTVを初めて利用する方は31日間の無料お試し期間があります。

利用するには「dアカウント」が必要です。ご利用のメールアドレスを登録することで無料で作ることができます。

dアカウントはドコモ関連のサービス「dアニメストア」「Disney+」を利用するときにも使えますので取得しておくと便利です。

既に1つお持ちの場合は手続き不要です。

・dアカウントの発行
gmail、yahooメール、docomoメールなど、ご利用のメールアドレスを登録すると発行できます。

dTV公式サイトの「今すぐ無料お試し」を選択

・dアカウントIDを入力後、「次へ」を選択しパスワードを入力。
(2段階認証の設定をしている場合、登録したメールアドレスに届くセキュリティコードも入力)

・お支払い情報を入力
ドコモユーザーではない場合、クレジットカード決済のみとなります。

以上で手続き完了です。dアカウントを使ってログインするとお使いの機器で動画視聴ができます。

料金発生のタイミング

契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1ヶ月分が請求となります。(日割りなし)

無料期間終了後は、たとえ1日しか利用していない月でも「1か月分の料金」が発生しますのでご注意下さい。

課金開始日=契約日だといつから請求が発生するのか忘れてしまうことが多いので、わかりやすいと捉えることもできます。

利用を継続する場合は「月初の契約・月末解約」の方がお得です。

dTVはこんな人におすすめ

  • とにかく安く・たくさん見たい。
  • 初めて動画配信サービスを利用する。
  • 韓流ドラマが好き。
  • 音楽が好き。

dTVはコスパがトップクラスに良く、幅広いジャンルの作品が楽しめるので、好きなジャンルが絞れない「初めて動画配信サービスを利用する」方におすすめです。

無料期間内で解約する場合はお金がかかりませんので、まずは実際に体験してみましょう。