おすすめの「アクション映画」主人公が強すぎだけど爽快。

映画
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

おすすめの「アクション映画」主人公が強すぎだけど爽快。

トゥルーライズ


トゥルーライズ [AmazonDVDコレクション]

家族に正体を隠しスパイ組織で働くお父さんが、テロリストと戦いを繰り広げる話。

妻と娘も巻き込まれる事態となってしまう、アクション・コメディ。ちょっと古いんですが、最高に面白い映画です。

反抗期の娘も思わず改心してしまう、カッコいい親父の背中を堪能できます。

監督 / ジェームズ・キャメロン
出演 / アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイミー・リー・カーティス
(公開 1994年/ 141分)

ANNA/アナ

KGBに拾われ一流の殺し屋に造り上げられた女が、敵対するCIAに正体を見抜かれ、2重スパイをすることになる話。

1990年頃のソ連が舞台です。裏読みがことごとくハズレました。あっと驚く急展開の後で、時間を巻き戻し、答え合わせする演出が良かったです。

監督 / リュック・ベッソン
出演 / サッシャ・ルス、ヘレン・ミレン
(公開 2020年/ 119分)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

アメリカの秘密機関 IMFのメンバー4人が、過激な思想で大学をクビになった男「コバルト」の目論む核戦争を阻止する話。

シリーズ4作目。かなりテンポがいいおすすめ回です。IMFのサポートが受けられない4人はロシア、ドバイ、インドなど世界を股にかけた不可能なミッションに挑みます。

ドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」に命綱なしで上っていくような芸当は、主人公のイーサンじゃないと無理でしょう。どんな状況でも必ずなんとかしてくれる頼れる男です。

監督 / ブラッド・バード
出演 / トム・クルーズ、サイモン・ペッグ
(公開 2011年/ 132分)

007 スカイフォール

イギリスの秘密機関、MI6のエージェント「ジェームズ・ボンド」が復讐に燃える元MI6の天才ハッカーと戦いを繰り広げる話。

ダニエル・クレイグ版 007シリーズの3作目。ミッション・インポッシブルとの違いは、基本的に1人で問題解決にあたることです。

飛行機、船、バイク、工事用の重機など乗り物の操作に精通していて、鍛え上げられた肉体とオーダースーツがかっこいい。出会う女性はほぼイチコロです。

監督 / サム・メンデス
出演 / ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム
(公開 2012年/ 142分)

キングスマン

ロンドンの下流家庭で育った不良青年が、諜報機関「キングスマン」のエージェントにスカウトされて、採用試験に挑む話。

パート3が2021年公開予定の「キングスマン」シリーズ。

オーダーメイドのスーツに身を包んだ紳士がハイテクな武器で戦います。特に銃や盾に変化する「傘」が印象的でした。

「もしかして全部スローで見えてる?」と感じさせる素晴らしい反応で、スピード感のある戦闘が見ものです。

監督 / マシュー・ヴォーン
出演 / タロン・エガートン、コリン・ファース
(公開 2015年/ 129分)

ボーン・アルティメイタム

漁船に拾われた記憶喪失の男が、手がかりを追いながら「自分探し」の戦いを繰り広げる話。

主人公のジェイソン・ボーンの活躍を描いた「ボーンシリーズ」は全4作。記憶を失くしても体に染み付いた戦闘技術があっという間に敵をねじ伏せる。カッコいい格闘が見ものです。

ペンや本、タオルなどその辺にあった物を武器にしちゃいます。パート3の『ボーン・アルティメイタム』は特に必見です。

監督 / ポール・グリーングラス
出演 / マット・デイモン
(公開 2007年/ 115分)

イコライザー

ホームセンターで働くおじさんが知人女性を助けたところ、巨大な闇組織との戦いに発展する話。

主人公のマッコールさんは、先を読む特殊な能力を持っていて、一瞬で敵を片付ける格闘が見ものです。

爽快なアクションが楽しめる映画です。続編の『イコライザー2』もおすすめです。

監督 / アントワーン・フークア
出演 / デンゼル・ワシントン、マートン・チョーカシュ
(公開 2014年/ 132分)

ダイハード3

ニューヨーク市内を爆破するテロリストに指名された「ジョン・マクレーン刑事」が、ムチャな要求に従いながら街中を駆け回る話。

人によって評価が分かれる「ダイハード」シリーズは全5作。おすすめは「3」です。

「なぞなぞ」好きな悪党で、答えを間違えると爆破される罰ゲーム的な展開が良かった。ぐっすり眠れそうな超忙しい一日です。

監督 / ジョン・マクティアナン
出演 / ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン
(公開 1995年/ 128分)

ジョン・ウィック

死んだ妻が残した「愛犬」を殺されてブチ切れてしまった、伝説の殺し屋「ジョン・ウィック」が犬のカタキを打つお話。

「ジョン・ウィック」シリーズは全3作。銃と格闘を組み合わせた戦闘は他の映画にはみられない独特なスタイルで、かなり痛々しいです。

愛犬を失った怒りは理解できるけど、どう考えてもやりすぎです。

監督 / チャド・スタエルスキ
出演 / キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクヴィスト
(公開 2015年/ 101分)

レオン(完全版)

家族を惨殺されて1人だけ生き残った少女が、アパートの隣人である「スゴ腕の殺し屋」に弟子入り。復讐するお話。

ホテルを転々としながら共同生活が始まります。ちょっと危ない関係ですが、孤独な2人が見つけたささやかな幸せがずっと続いてほしいと願う、切ない物語です。

「根を張って生きたい」という思いが詰まった、レオンの大切な観葉植物を託されたマチルダちゃん。けっこう適当に植えちゃいます。

監督 / リュック・ベッソン
出演 / ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン
(公開 1995年/ 133分)

トランスポーター

高額な報酬を条件に、悪党から仕事を請け負うプロの運び屋(トランスポーター)が、闇組織と対立し戦いを繰り広げる話。

ルールを破り、依頼人の荷物を開けてしまったばっかりに、自宅も愛車のBMWも爆破される面倒な事態に発展。

主人公を演じた、ジェイソン・ステイサムの格闘技が見ものです。たった1人で組織に立ち向かい、スゴイ蹴りで悪党をめった打ちにします。

監督 / ルイ・レテリエ
出演 / ジェイソン・ステイサム、スー・チー
(公開 2003年/ 93分)